いきなり西洋薬に頼らずに、まずは自然療法を考える

ハーブティーを毎日入れています。身近な人の不調が少しでも良くなればと思い、薬ではない自然療法でお手伝いがしたいという気持ちで、ハーブに少し詳しくなりました。
主に入れいているハーブは、吐き気や気持ち悪いのにいいと言われているペパーミント、ビタミンCが豊富なローズヒップ、目にいいハイビスカス、不眠に効くと言われているパッションフラワー、延長線上でリラックス効果のあるカモミール、セントジョーンズワート、レモンバーム、レモンバーベナ、ローズレッドペダル、などなど、市販で手に入れやすいものを使っていますが、ハーブ専門店で一点から求める時もあります。バレリアンも睡眠用にいいのですが、専門店以外では手に入りにくいものです。一度目はとてもよく効いて、次もまたよく効いたとお話頂きましたが、最近は当初ほどの力がないのか、新しい症状に対応しなければならないのか、テキメンには効いていないようです。しかしながら、睡眠の質は随分よくなったとのことで、西洋の薬が癖になっていつまでも手放せなくて、手放せないわりには効果がない、というよりも、まずは自然療法から試してみて頂きたいと思いました。全身脱毛 回数