なごむ着メロ、凍り付く着メロ。選曲はむつかしいですね。

ご近所の人たちが集まるカフェ。朝めしを食べていたら、誰かの携帯に着信があったみたいで、聞き覚えのいらっしゃるメロディが大容積で鳴り響きました。「ある日、森の時、熊ちゃんに出会った・・」皆さん、ユーモア。こののは、いいですね。立場が和みます。着信のメロディで思い起こしたのですが、過日、家庭にあったTELの着信調音はバッハの「トッカータとフーガ」でした。それほど、「チャララー」というサスペンスムービーのミュージックにピッタリのあの曲だ。しょっちゅうそれが鳴り渡るのではなく、告知のTELがかかったときは「羽生の宿」、非告知のTELのときは「トッカータとフーガ」というふうに、着信のメロディが「告知」と「非告知」で切り替わるというTELだったのです。ちゃんと便利ではあるのですが、選曲が抑揚ききすぎですよね。一旦、真夜中に俄然「チャララー」と鳴ったことがあって、そのときは実に心臓が立ち寄りみたいになりました。結果強すぎますよね、あのメロディ。簡単キャッシング