銀行に行ったら保険の話とか投資信託の話をされて戸惑いました

今は、昔の銀行とは違うのだなあと実感したことがありました。先日、共済保険の加入手続きをするために銀行に行ったのです。加入手続きを一番早くできるのは郵送でのやりとりではなくて、銀行の窓口での手続きが一番早いと言われて行ったのですが、銀行さんは違う商品を勧めたかったみたいです。「お時間ありますか?」と聞かれたので「はい」なんて答えてしまったら、「どうぞこちらへ」なんていつもの窓口とは違う窓口に案内されてしまい、いろんな保険商品の説明が始まりました。「いやあ、私はもう共済保険って決めているのだけどなあ」と思いつつ熱心にお話しして下さるのをむげにできずにいろいろ聞いてしまったのです。そのうち今度は「投資信託なんてどうですか」なんて話が飛んでしまいました。もう、投資信託とかNISAとか言葉は聞いていてもよくわからないし、どうしようって感じですよ。NISAは非課税になるということは知ってますが、そのくらいの知識しかありません。それに、そんな余剰資金があるわけでもないので、心の中で「銀行員さん、勧誘する相手を間違えていますよ。私に話しても無駄ですけど」って思いながら「はあ、とりあえず今のところはまだよくわからないので、今回は見送らせて下さい」とお断りしたのですが。今って銀行もいろいろな商品を取り扱っているのですね。保険会社と提携したり証券会社と提携したりしてるってことなのでしょうか?うーん、よくわかりませんが、私だって余剰資金があるのなら投資についてはやってみたい気持ちもなくはないのですが、今のところは無理ですね。一生無理かも(笑)。とりあえず、毎日節約生活をして無駄なお金を使わないようにすることが今の私です。子供が社会人になったら少しは変わるかもしれませんが、まだまだ先のお話です。

変換マウンターがあるSSDは凄く助かっています

現在デスクトップパソコンに搭載されているSSDは480GBのものとなっていて、信頼・信用されているメーカーが出している製品であるので安心して使えております。

このSSDは変換マウンターを使ってデスクトップパソコンに搭載していて、もともとはノートパソコン用のSSDとなっています。変換マウンターがついているSSDは珍しいものとなっていて、友人からのすすめで購入した感じとなっています。価格に関しては買った当初は1万5000円ぐらいでしたが、今は価格が変動しているかもしれないです。スペックや性能・機能も優れているのでしっかりと使用しています。

SSDはデリケートな部分もあったりするため、使用する際は注意しながら取り扱う事になります。SSDにデリケートな部分の情報はインターネットとかを活用して検索すると細かな情報を発信しているWebサイトやブログとかがあるのでそういった所で情報収集を行えるようになっています。ミュゼ 100円 料金